制服にもこだわりを

インターネットサイトで介護ユニフォームは購入することができます。ラインナップも多くあるので、種類も選べます。

汗をかいても不快にならない着心地重視の素材選び

介護の現場において快適性を重視したユニフォームを使いたいなら、素材にこだわってみましょう。デザインや色合いも気になりがちですが、素材による違いがもたらす効果と言うのは意外にも大きなものです。夏や冬に限らず、重労働を強いられる事のあるお仕事だからこそ、いつ汗をかいても大丈夫な服を着ているべきです。サラッとした着心地の、軽量で薄めの素材を選ぶとかなり仕事向きとして喜ばれます。冬場はそこに工夫をして、ジャージ等を上から着用出来るようにすると、寒さの改善にも繋がります。汗をかいても快適に介護のユニフォームが使えるようにするためには、こうした上着に関する工夫も大切です。長袖でも風邪を引かないように、従業員へ気配りをしてみましょう。

施設としての個性に欠かせないオシャレな制服の価格

介護のユニフォームで主に使われているポロシャツの価格は、そのオシャレさや作りによって違います。一般的なものは3,500円くらいから販売されているものもありますが、シンプル過ぎても他の施設の方と違いが出せません。その施設の雰囲気や地域の特色等を活かした介護のユニフォーム選びをする事で、施設としての色合いがアピール出来ます。オシャレで少し変わったポロシャツを選ぶ等、ちょっとした工夫で介護士のイメージを大きく変えられます。色合いも大切ですが、襟や袖部分のデザインも最近は凝っています。ラインがいくつか入っているタイプや、ちょっとした柄で味わいのある印象に仕上げます。こうしたデザイン的な服でも、今は4,000円台に値段が落ち着いています。スマートでスタイリッシュな印象や、落ちついた雰囲気を与えたいと言った演出が出来るのです。